新刊 好評発売中!

こども哲学ハンドブック 自由に考え、自由に話す場のつくり方[書影]
ジャンル
教育、哲学、コミュニケーションスキル

基本情報

こども哲学ハンドブック
自由に考え、自由に話す場のつくり方

特定非営利活動法人
こども哲学 おとな哲学 アーダコーダ 【著】

ページ数:120ページ/本文2色
価格:1600円+税
判型:B5判変型並製
ISBN:978-4-910024-00-4 C0037

内容紹介

簡単には答えがでないことについて、子どもたちが自由に考え、自由に話し合う「こども哲学」が、地域や学校で開催されるようになってきました。本書は、こども哲学やおとな哲学(哲学カフェ)をはじめるとき、その実践にあたって、必要な<対話の場のつくり方><対話中の考え方のこつ><進行役の技法>などを身につけることができる入門書の決定版です。まずは、最初にどのようにすればいいのかよくわからないとき、やり方を身につけるときは、方法論や技法を知ることは大事なことです。ぜひ本書を使って、家庭や地域、学校でこども哲学を楽しく行なっていってください(また、おとな同士で哲学カフェを行なう時も本書は使えます)。また、NHK・Eテレで大好評の子ども向け哲学番組「Q~こどものための哲学」の監修を著者の理事が監修しました!現在もNHK for Schoolののウェブサイトから全話無料で視聴ができます。
https://www.nhk.or.jp/sougou/q/?das_id=D0005180281_00000

*こども哲学については、本書でも取り上げられている「こどものための哲学」 という動画がありますのでご覧ください。
この動画は、立教大学SFR研究プロジェクト「死生観と道徳性の生涯発達 における対話の効果についての研究」の一環で制作されました。

こども哲学の評価

  • 学校教育の場でも、これからは正解を覚えることよりも、答えを導き出したり、自分の意見がどうして正しいと思うのかを説明できたり、ほかの人と意見を交換できるようになることが求められています。
  • 子どもの哲学を繰り返し実施したお子さんには、考える力がつくことはすでにいろいろなデータと研究から実証されています。しかし子どもの哲学の本当の重要さは、さまざまに異なる背景を持った人たちと一緒の集団を作れるようになることです。(あとがきよりー河野哲也・立教大学教授/アーダコーダ副理事)

目次

  • プロローグ こどもの謎と出会う
  • CHAPTER1 事前準備
  • CHAPTER2 こども哲学の進め方
  • CHAPTER3 問いを深めるコツ
  • 附録1.初回のための台本づくり
  • 附録2.とあるファシリテーターのお悩み
  • 附録3.実践事例(未就学児の場合/小学生の場合/中高生の場合)
  • 参考書籍、こども哲学・哲学対話の情報

著者について

こども哲学 おとな哲学 アーダコーダ

アーダコーダは、正解のない問いについてグループで考える哲学対話を社会の中で実践的に活用するためのスキルやプログラムを提供するNPO法人です。こども哲学を実践し、関連する著書を多くだしている理事が在籍する団体です。

書評・ブックレビューなど

読売新聞10/27書評欄
大人が見過ごしていることに、こどもが気づき、それを大人に問いかけ、「なぜなぜ」の連続で、大人を往生させる。
哲学の問いは「謎」の構造を持っている。「謎」とは、答えがたくさんあり、しかも答えがさらに多くの問いかけを生んでいく。問題の中にさらに多くの問題が隠れていることに気づいて、世界が豊かになっていく。(略)本書では問いを立てて、みんなで語り合う具体的な方法が書かれている。楽しくて実践的で、しかも新鮮な哲学書だ。哲学する「こども」がたくさん増えることを願う。

ファシリテーション本としても秀逸

こども向けの場づくりだからこそ、本質的なことがわかりやすく丁寧にまとめられています。
おとなの場づくりにもとても役立つ内容になっています。
入門書であり、実践書でもあります。
いくら本で学んでも、自分が実践しなければわからないことが沢山ありますから。
自分がやってみることの大切さが書かれていることに共感しました。
特に良かったのが、わからないを見つける7つの質問です。
1)「〜ってどういう意味ですか?」
2)「なぜそう思うの?」
3)「例えば?」
4)「それってほんとう?」
5)「いつでもそうかな?」
6)「この意見の根っこにはどんな考えがある?」
7)「もしそうだと、どうなるかな?」
自分を深掘りするのが哲学だと改めて思った。
amazonブックレビューより

ここには、「こども哲学」を行う上での極めて具体的な手順が書かれています。
大人たちは子どもたちを前にして、ともすれば「正解」を出すことだけを求めてしまいがちですが、誰かが準備した「問い」に答えることだけではもう足りないということに多くの人が気付き始めています。今、私たちに必要とされているのは、自分自身の存在が世界に対してどれだけ魅力的な「問いかけ」となれるか、ということなのではないでしょうか。
その意味では、「こども」の視点で「なぜ?」に導かれるこの「こども哲学」という営為にとても関心がありました。
そして、このハンドブックによって、こども哲学の方法論はオープンにされ、至る所で同時多発的に展開されることが可能になりました。
このこども哲学の魅力のひとつは、「このようでなければならない」という「型」を外れることを恐れてはいないという点です。これからみんなで作っていこうという声が聞こえるようです。やがて子どもたちが「人狼ゲームしようぜ」っていうノリで、「こども哲学しようぜ」って言いだすかも知れません。
amazonブックレビューより

お取り扱い店舗など

*全国の書店に配本しますが、お近くの書店にない場合は、Amazonはじめ、ネット書店、小社からもお求めください。小社の場合は「問い合わせ」から、氏名、住所、電話、冊数等をご記入のうえご連絡ください。(なお、小社ではお買い上げが5000円以上は送料無料ですが、5000円未満は送料がかかります)  amazonで買う